顎ニキビを繰り返す人へ。二度とできない予防対策を教えます。

 

ニキビが治ってもまたすぐできてしまう…という人は多いのではないでしょうか。
特に顎やフェイスラインはニキビが集中してできやすく、
ケアに苦労している人はたくさんいると思います。

 

そこでここでは繰り返し出てくるしつこい顎ニキビの予防対策についてまとめました。
顎ニキビができる前にしっかりとケアしてニキビのないつるつるの肌を手に入れましょう!

 

顎ニキビを二度と作らない!効果的な対策

 

 

洗顔とすすぎをしっかりする

 

顎は特に洗顔が不十分になりがちです。鼻やおでこだけではなく、
顎やフェイスラインも意識してしっかりと洗顔し汚れや皮脂を落としましょう。
よくすすいで肌に洗顔料を残さないことも大切です。

 

洗いすぎに注意!

 

先ほど「洗顔をしっかりしましょう」ということを言いましたが、実は洗いすぎもNGです。
強くゴシゴシこすったり、気になって1日に何度も洗ったりすると肌の乾燥をひどくしてしまいます。
乾燥すると肌はそれを防ぐために必要以上の皮脂を分泌するようになり、
それが毛穴を詰まらせてニキビとなってしまいます。

 

洗顔料をよく泡立てやさしく汚れを浮かすように洗い、しっかりとすすいでください。
タオルで拭く時も強くこすらないよう注意しましょう。

 

保湿をしっかりする

 

乾燥を防ぐためには洗顔のあとの保湿が重要になってきます。
適量の化粧水を手に取り、顔全体を包み込むような感じで優しくつけていきます。
そのあと水分の蒸発を防ぐために乳液などでしっかりとカバーしましょう。

 

ただし乳液には乾燥を防ぐため油分が多く入ったものもあります。
つけ過ぎは逆にニキビをできやすくしてしまいますので注意しましょう。

 

化粧水はヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分が多く配合されているものを選びましょう。
ニキビ肌の上からでも成分がしっかりと角質層まで届くように浸透力の高い化粧水を選ぶことも大切です。

 

生活習慣を整える

 

脂っこい食事、野菜やたんぱく質不足、睡眠不足、ストレスの多い環境など、普段の生活習慣は肌に現れやすいです。
特に顎ニキビはホルモンバランスの乱れが大きく影響します。
先に挙げたような生活習慣の乱れはホルモンバランスを乱す原因となりますので、
普段から規則正しい生活を心がけることが大切です。

 

外部からの刺激に注意

 

顎は無意識に手で触ってしまう場所でもあります。
また衣類や髪も当たりやすい場所です。
そういった外部からの刺激がニキビをできやすくし、治りにくくします。
なるべく触れないようにする、肌への刺激が少ない衣類にするなど工夫をしましょう。

 

 

顎ニキビにはこの化粧水!

 

ニキビを繰り返すことで乾燥しやすい肌質へと変わってしまいます。
ニキビ跡のケアはもちろん、
予防してトラブルの少ない肌へと変えていくことが大切です。

 

顎ニキビ 跡 化粧水ならリプロスキンがおすすめです。

 

「リプロスキン」は保湿もしっかりとできるほか、
肌のバリア機能を高めてニキビのできにくい肌へと変えてくれます。
顎ニキビがなかなか綺麗にならないとお悩みの人は、
取り入れてみてはいかがでしょうか。