女性の肌悩みの上位に挙げられることも増えているニキビ、特に顎ニキビと呼ばれる大人ニキビは、生理周期に沿ってできたり、男性の髭の生える部分である口周りや顎周辺、フェイスラインや首などにできるということから、ホルモンバランスの崩れが原因であることがわかっていますが、この乱れはなかなか元に戻らないことも多いので、同じところにニキビが繰り返すことも多く、改善しにくいことも特徴です。ニキビは、肌の上に長く居座れば居座るほど、醜い痕となって残ってしまうので、できるだけ早い段階で治してしまうことが重要で、肌トラブルのない美肌を取り戻すことにもつながります。顎周辺は、毛穴も小さく、ホルモンバランスを崩してしまうと、男性ホルモンが過剰に分泌されるようになってしまい、毛穴詰まりを起こしやすくなってしまいます。その詰まりがえさとなってアクネ菌が増殖してしまい、炎症ニキビへと進行してしまうので、この段階で毛穴詰まりを起こさせないようなケアをすることがカギとなります。また口周りは、インナードライ状態となりやすいので、肌表面は潤っているように見えても、肌の奥深くは潤い不足となってしまっています。こういったことから、顎ニキビには保湿ケアが重要で、過剰となってしまっている皮脂分泌を抑えるためにも、水分をしっかりと与え、脂分と水分のバランスを整えてあげることが大切です。大きく腫れた顎ニキビが出来ているような場合には、肌に刺激を与えないことも重要なので、保湿成分がたっぷりと配合された、オールインワンジェルでスキンケアをすることが最適です。この機能性コスメなら、洗顔後の肌に一つつけるだけで、しっかりと肌を潤わせることができ、一つで済むので、肌に余計な摩擦による刺激を与えてしまうことも避けられます。加えて、ジェルの美容成分が肌の奥へしっかりと浸透するように、洗顔も見直して見ましょう。ピーリング成分入りの洗顔料なら、肌の上に乗った余計な角質層を穏やかに剥がしてくれるので、その後のスキンケアの成分がぐんぐん浸透するようになります。ピーリング石鹸をしっかりと泡立て、泡で汚れを包みこむように優しく洗い、その後オールインワンジェルでしっかりと保湿する、このケアを習慣付けていくと、肌のバリア機能も回復し、ニキビのできにくい健康的な肌質に変わっていきます。ニキビができるからと、脂分を取りすぎるケアを行うのではなく、逆に水分を与えてあげるケアを徹底させることです。